なぜ中学受験を

中学受験の多くは私立校が挙げられます。中学校の公立と私立の大きな違いは一貫した教育方針に挙げられるでしょう。中学校に限らず、公立の学校は文部科学省の指導により、一貫した教育方針が採られています。全国どのの公立中学校でも同じ教育方針で指導をしてもらえる。これが公立中学のイメージではないでしょうか?

しかし、それもブレが生じる場合があります。ゆとり教育が1つの例にありますが、同じ公立中学でも時代の流れにより公立中学の一貫性に乱れが生じる場合があります。ゆとりが行われていた世代と今の世代では公立中学の教育内容に若干の差が生まれているでしょう。どこも同じと思われている公立中学ですが、時代によって内容や教育方針に差が生まれることがあるのです。これが公立中学の悪い部分になります。

それが私立中学では違います。公立中学と違って、1つの会社のように一貫した教育視システムが成り立ち、学校の角質を高めていくことができるのです。長い間同じ教育方針で育てっていく一貫した姿勢を行うことで、公立中学以上に教育のズレや乱れをなくし、学校の持つ理想的な教育システムを高めていく。これができる私立中のために中学受験するメリットは大きいでしょう。