中学受験の特色

一貫したカリキュラムが行える環境で大事な子供を学ばせることができる。これが中学受験する大きなメリットになるでしょう。もちろん、学歴や理想の学校に入れるために中学受験する人もいるでしょうが、公立学校になり一貫したカリキュラムが確立されている私立中学。これは中高一貫教育があげられている中学受験にしかない大きな魅力に保護者の方は映るでしょう。

中学受験で入る私立校の多くは中学と高校が一緒の学校です。一身上の理由で途中で別の学校に移動する人もいますが、多くの生徒は同じ学校の中学校と高校で学生時代の6年間を過ごします。これは大きなメリットに繋がります。中学と高校の6年間同じ学校の校風の中で勉強することで、学校の掲げる教育目標を学生たちにきちんと学ばせることができるのです。

公立中学はゆとりの取り入れや撤回など学校現場での混乱が問題になっています。私立中学はこうした問題に振り回されることなく、充実した6年間の学生時代を過ごす手助けをしてくれます。その基盤になっているのは中学校から高校まで続く一貫した教育理念とカリキュラムにあります。同じ授業内容だとしても公立中学と私立中学では大きな差が生まれてしまうでしょう。