習熟度で分かる中学受験

一般的に中学受験をして入学した私立中学は習熟度によるクラス分けを行います。全ての私立中学がそうではありませんが、入学後にクラス分けのテストを行ったり、入学試験の結果により、学力の習熟度を測り、その習熟度に合ったクラスに分かれ、それぞれの学生生活がスタートするのです。公立中学でもクラス分けのテストが行われる場合がありますが、私立中学はさらに学力に則したクラス分けが行われます。

学力の習熟度でクラス分けを行うメリットはいろいろありますが、同じ学力レベルのクラスメイトに出会えることは大きなメリットに繋がります。習熟度の高い生徒はより効率的に勉強し、学力を高めることができ、自分の持っている可能性を高めるチャンスが広がります。それには同じレベルを持ったライバルの存在が不可欠になります。追い越しそうだけど追い越せない。そんな同じ学力を持つクラスメイトはいい刺激になり、勉強の幅を広げるチャンスになるでしょう。

習熟度によるクラス分けは、多少勉強についていけない生徒にもいい面を与えます。授業がわからず、勉強についていけず、どんどん落ちこぼれて、学校を辞めてしまう心配が習熟度によるクラス分けでは少なくなります。