中学受験で魅力的な先生に

公立中学を始め、公立学校は様々な生徒が入学し、一緒になって勉強をします。優秀な生徒もいるでしょうし、勉強が苦手な人もいるでしょう。集団行動が苦手で問題を抱える生徒もいるかもしれません。中学受験をして、合格した人だけが入学できる私立中学では基本的に習熟度によるクラス分けを行っています。入学者の学力はほとんど一定ですが、それを習熟度によりさらにクラス分けを行う。これが中学受験した私立中学の特徴です。

これは教える教師にとって大きなメリットになります。学年だけでなく、クラスの学力や習熟度が一定になっているので、教える側の教師も教えやすく、楽しい教室になるでしょう。もっと勉強を教えて、クラスを伸ばしてあげたい。そういう環境が私立中学には存在するのです。

公立にも質のいい教師はいますが、学年やクラスの学力に差があると、教えるときに苦労してしまいます。勉強ができない人ばかりに気を配れば、効率のいい授業が行われることはないでしょう。そうした点で私立中学のクラス分けというのは教える側の教師にとっても魅力的な内容です。効率よく勉強を教えられる私立中学には自然と優秀な教師が集まります。魅力的な先生に出会えるのは生徒にとって素晴らしい学生生活に繋がるでしょう。