中学受験の先はカウンセラー完備

最近は心の病や問題を抱えている人が増えています。学生にも心の問題を抱え、鬱病になったり、引きこもりになり、学校を辞めてしまう人が増えています。今はインターネットなど人間関係を通さずにコミュニケーションが取れるツールが発達しましたが、人間同士の人間関係を高める行為を苦手に感じている人が増えています。生徒はもちろん先生と上手くコミュニケーションが取れない生徒が増え、学校現場では大きな問題になっています。

こうした問題を解決してくれるのが心理カウンセラーの存在です。学校のカウンセリングルームや相談室に配属し、生徒の悩みを聞いてくれる心理カウンセラー。友達にも両親にも先生にも言えない悩みを打ち上げ、解決に導く児童心理学の専門家。それが心理カウンセラーです。心の面から学校問題に取り組むカウンセラーの存在と役割は今多くの学校で必要になっています。心理カウンセラーはもうひとりの担任教師と言われているくらいです。

そんな心理カウンセラーですが、まだまだ足りないといわれています。それは予算などの関係で公立学校ではカウンセラーの数が不足しているともいえます。私立学校ならこうし心理カウンセラーをきちんと配属し、心の問題をケアーしてくれるところが多いです。中学受験で疲れた生徒の心も癒してくれるでしょう。