中学受験は人間関係

中学受験の塾や予備校の友人と一緒の学校に入学し、クラスメイトになることもあるでしょう。また、誰も友人がいなくても、中学受験をきっかけに小学校時代の友人と疎遠になり、中学受験や私立入学の友人が多くなる事も多いと思います。小学校の友人と離れるのは寂しい部分もありますが、友人との別れは自分がより大きく成長した証でもあります。周りに勉強ができる友人が増えるのは良い事だからです。

勉強が好きでない友人が近くにいると、どうしてもその友人の影響を受けてしまいます。まだ小学生から中学生の初期というには、人格の形成が完成されていません。あまり成績が良くない生徒が勉強のできるクラスメイトに触発され、勉強が好きになるケースもありますが、件数としてはそれほど多くありません。やっぱり子供の将来を見据えると、勉強ができる友人が多くいる環境に置くのが一番です。

中学受験は1つの人間関係を変えるきっかけになります。受験をするという事は、周りに自分の将来を考え、勉強を好きになる環境を整えることができるかもしれません。しかし、中学受験を成功させ、しっかりとした学校に入学すれば、そこでほかのクラスメイトに触発される可能性も考えられます。こうしたメリットを考えて、中学受験をするのもいいでしょう。