国立中学受験とは?

中学受験は私立の有名大学付属のものが多いですが、国公立の中学受験も人気を集めています。基本的に公立中学に受験は必要ありませんが、中学と高校の6年間を一貫教育を行っている学校が対象になります。そんな国公立中学受験は私立中学になりメリットがあります。国公立中学受験には中等教育学校と併設校の2つのタイプが存在します。それぞれもメリットを見ていきましょう。

中等教育学校とは、中学と高校を分けずに、前期課程として3年間、後期課程として3年間の学生生活を送ります。流れとしては前期課程が中学校、後期課程が高校のイメージで大丈夫でしょう。注意したいのは、後期課程の3年間は前期課程と同じ生徒が進級するのが基本で、外部からの募集は行いません。魅力的な学校が中等教育を行っているなら、中学受験で入るしか方法はありません。

もう1つにタイプが併設校です。このタイプは県立や市立の中学校からエスカレーター方式で併設された高校に入学する流れは私立中学と同じです。しかし、高校から外部の生徒を募集し、新しい環境に入ってくる生徒がいるのが併設校の大きな特徴です。中学からの既存の人間関係に加えて、外部の人間と刺激しあえる特長があります。幅広い人間関係を求めているなら併設校も魅力的ですね。