中学受験で充実した学生時代を

中学受験を終了し、合格すれば何もすることはない。そう思っている人はいますが、中学受験のその後をどうやって過ごすかはその子供次第です。合格先によっては中高一貫で大学受験に向けてひたすら勉強という日々が続くかもしれません。また、大学入学まで決まっていて、その後の学校生活をのんびり過ごせる環境にいられるかもしれません。どうやって過ごすかはその子供次第になります。

大切なのは、どのような学生生活を子供に残してあげられるかです。勉強をずっとする学生生活もいいでしょうし、受験というしがらみから開放され、部活動やスポーツ、趣味に没頭するのもいいでしょう。重要なのは、中学受験に合格することで、その子供が本気で取り組むことができる環境を親が準備してあげられるということです。これはほかの公立学校にはないメリットになるでしょう。

中学校から高校、大学まで続いたことは本気で取り組まないとできません。中途半端な気持ちでずっと続けることはできないでしょう。勉強にしろ、部活動にしろ、趣味にしろ、本気で取り組むことができたことに無駄はありません。中学受験合格後はそんな自由度の高い時間があります。どう取り組むかは合格し、自分を知っている子供に任せてあげましょう。