中学受験で親子の信頼

中学受験は1人で戦い勝てるものではありません。志望校合格には多くの人の協力が必要になります。塾や家庭教師の先生による学力アップはもちろんですが、一番重要になるのは家族によるサポートです。両親や兄弟・姉妹が受験者である子供にどうやって接してあげるのか。それが中学受験合格の鍵になります。逆を言えば、中学受験合格により、家族の絆をより深いものにできる大きなチャンスになります。

1つの例として、親が決めた学校に入学する目標を掲げているのでは合格は薄いです。それはあくまで親の目標であって、子供の目標ではないからです。中学受験で合格するには、自分で考え、実行する力が重要です。親は見守りつつも、子供がくじけそうになったり、倒れそうになったらすぐに支えてあげる。そんな心のサポートが必要になります。

テストの成績が悪く、イライラしてあげることにどのように接してあげるか、子供が受験を諦めそうになったら、どう切り出してあげるか。親として必要なのは、子供の話を聞いてあげることです。ここがその子の居場所だという認識を与えてあげれば、子供は受験という場所で精一杯戦い、成果を出そうとします。きちんとサポートしてあげることで、中学受験合格により、親子の絆はより深いものになっていくのです。