中学受験の大変さ

中学受験は魅力的な部分だけではありません。合格し、自分に合った環境のもとで勉強や部活を満喫できるのは素晴らしいですが、合格しないと意味がありません。合格することで学校の入学者になり、教育を受けることができるのです。そんな中学受験のスタートは小学校4年生の頃に始まるといわれています。しかし、塾によっては3年生から受験の準備が必要だといわれています。中学受験のスタートは思ったよりも早いのです。

受験に向けた勉強が本格化するのは小学5年生の頃です。もちろん3年生から4年生にかけても事前の準備は必要です。ゆとり教育の影響で受験に必要な学習分野が削除され、塾や家庭教師で自主的に先取りして勉強する必要が3年生から4年生の準備期間で必要になります。小学校で習うことを勉強し、頭に定着する準備期間。それを踏まえて、5年生で本格的に勉強を始めます。

5年生になると、中学受験対策を本格的に始める必要が出てきます。過去問を参考にしながら、実際に中学受験で出された問題を解いて、その学校の傾向を分析します。今の自分の学力がライバルであるほかの塾生や子供達に比べてどうなっているのか。ひたすら勉強して知るのです。中学受験に合格するには、こんな大変な勉強を続ける必要があるのです。